CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
エイト家のアニマルズ
人気ブログランキング
Nijiiro Cat
猫好きが集まるSNS NijiiroCat
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
グリムス
Search this site


セレブな社長夫人を夢見ながら愛猫に癒される日々を綴ったお気楽日記☆
<< 武勇伝 | TOP | 体調管理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
追悼
『本日は、この場をお借りして、追悼の意を捧げます』




ワタクシの、GPファミリーでもあり、同じブロ友様『優野にゃんだふるらいふ』のキャンディーちゃんが、
7月12日、永眠されました。




最期は、手をフミフミし、ゴロゴロ言いながら、そのまま虹の橋に旅立っていったそうです。



私も、一度は愛猫を亡くしておりますが、やはりどうしても、今まで居てくれた愛する家族がいなくなる事の、
辛さや、寂しさは、本当にいたたまれません。





●猫は、とっても気まぐれです。

●猫は、とってもワガママです。

●猫は、とってもヤンチャです。







でもでも、とっても、愛する家族です!!



















享年、16歳のキャンディーちゃん。








長生きしたよ!!とても偉いぞ!!

良く頑張ったね!!

最高に、素敵な猫生だったね!!

生まれてきてくれて、ありがとう!!

パパとママと、息子様&娘様に、素敵な思い出をありがとう!!





そして、待っててね。







虹の橋のたもとで…。









posted by エイト夫人 | 23:34 | | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:34 | - | - | - |
コメント
直接会った事のない子でも、旅立ちのニュースを聞くのは悲しいものです。
16年間も一緒に過ごした家族の方たちの悲しみは、言葉に出来ないものだと察しますが、また会える日までキャンディーちゃんはずーっと家族のそばについていてくれると思います。
大好きな人に甘えながら旅立っていく事ができた、幸せな猫生だったんでしょうね。
キャンディーちゃん、ゆっくりおやすみ。
又大好きなママに会える日までね。
2010/07/15 00:12 by ズッコのマミィ
優野ママさまのところでコメントしたので
ここでは あえて触れません。。。

私は何にゃんを見送ったのかしら。。。
でも全ての子を忘れていません^^
だって愛すべき家族ですもの

ある本に書いてありました
愛する子たちの供養は
時折。。本当にたまにでいいから
その子のことを思い出す
それで供養になるんだと。。。

もうすぐお盆です
心の思い出を覗いてみるのもいいかもですね
2010/07/15 01:40 by anzu
わたしもインコを手の中で見取ったときがあります。その時まじかで命の終わりというものを体験しました。
家族がいなくなるということはとてもつらいことです。旅立つほうもきっとつらかったでしょう。
だからこそ失った悲しみに負けずキャンディちゃんのことをたくさん思い出してあげたいですよね。

2010/07/15 08:22 by nyapicacao
いつか別れが来ると分かっていても、
何度経験しても、やっぱりその時が来ないで欲しいけど、
それまで過ごした何ものにも変えられない時間に感謝ですね。
キャンディーちゃんの16年も。
でもこれで終わった訳じゃなく、想い出は永遠に続きます。
2010/07/15 12:52 by ANKO
すごいびっくりして見に来ちゃった。。。
久しぶりにブログ村見てたら。。衝撃的な題名。。。

エイト夫人のねこちゃんのだれかが?とおもったら、
そうなんですか、キャンディーちゃん 16歳ですか。
人間でいえば 大往生の年とはいえ、さみしいです。
ご冥福をお祈りします。

って、ところで、私浦島太郎です。。。
さくらちゃん、見つかってよかったですね。。。。
いろいろなことが世の中ではあったんだなぁ。。。
なにより、無事でほんとよかったです。
2010/07/15 14:06 by ぜふぃ
いつかはこの悲しい日を迎えなければいけないのですよね・・・
たとえ肉体が自分の目の前から消え去ったとしてもいつも私達のそばに居てくれる、そして虹の橋でまた再開できるのだから悲しまない様にその日を迎えなければと自分に言い聞かせています。
だって、赤い糸で結ばれた者同士ですからね!!

キャンディーちゃんのご冥福心よりお祈りいたします。
2010/07/15 19:43 by おたま
出会いがあれば必ず別れもある。
分かっていても やっぱりその瞬間に来て欲しくないと思うものです(>_<)
エイト夫人のブログを読み、さらに優野様のブログを読み、涙が止まりません(:_;)
キャンディーちゃんを愛する家族の気持ちに・・・涙が・・・。
キャンディーちゃん、幸せな人生だったね。
これから、大好きな家族と虹の橋で再会するまでゆっくり休んでね。


2010/07/16 21:09 by あおにゃん
私も 二人のアメショの子を立て続けに亡くした経験があるものですから
とても他人事とは思えません。
キャンディーちゃんのご冥福を 心よりお祈りいたします。
みんなに愛されて 最期まで幸せな生涯だったことが せめてもの慰めですね。
キャンディーちゃんがくれた思い出は永遠ですから 虹の橋で再会できるその日まで
愛してくれた家族を見守っていてくれることでしょう。。
2010/07/16 23:17 by キャパ&マリー
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://eight-cat.jugem.jp/trackback/714
トラックバック